利用する際の注意点|格安業者に引越しの依頼をすればコストが削減できる
箱を持つ女性

格安業者に引越しの依頼をすればコストが削減できる

このエントリーをはてなブックマークに追加

利用する際の注意点

男性

早めに予約する

「引越し屋」が忙しいのは2月3月中で、少し出遅れてしまうと都合の良い日にちに利用できないこともある。いちいち業者にスケジュールを合わせるのはめんどうなので、予約はできるだけ早く済ませたほうが無難だ。引っ越しで一番負担になるのが荷造りで、単身でも量が多いと1日で済まないこともある。ファミリーほど大がかりにならないが、単身の場合でも1週間前くらいから前からゆとりをもって準備を始めるべきだ。引越しにかかる費用は距離にもよるがファミリーだと10万円、単身の場合はだいたい4万円から5万円くらいである。業者によってさまざまだが、トラックの大きさで引越し料金を設定しているところも多い。タンスがひとつでも、タンスが3つでもトラックの大きさが同じであれば料金は同額となる。

チェックしておく

荷造りがめんどう、忙しくてダンボールに荷物を詰める暇がない人のために、荷造りプランを受け付けている引越し業者もある。費用はかかるが、手間が省けかなり楽になる。また、引っ越し先は決まっているが退去日と入居日の間が空いてしまったという場合、コンテナやトランクルームを設けている業者が便利である。単身用の広さだと、月10000円前後でレンタルできる。ただ、ベットがあるとその分場所を取るので料金もアップする。そしてもうひとつ、繁盛期は空いていないことも多いので注意が必要だ。テーブルやソファーなど不要になった家具を引き取るサービスを受け付けているところもあるので、新居に要らないものがあればチェックしておくと良い。