関東地震に備えよう|地震予測情報サービスの活用法を解説

レディ

メカニズムを知りましょう

地震の予知を行うためには、メカニズムを知ることが重要になります。地震はプレート同士が沈み込んで発生する海溝型や、内陸部の活断層が動くことで起こる直下型の二種類が主な種類です。また、地域によって規模が異なり、緊急地震速報を活用することが大切になります。

日本列島

災害対策アプリで備える

地震の予報を知るには、アプリを利用するとよいでしょう。アプリには自分の住んでいる地域以外の設定も可能なので、遠く離れた実家や海外などを設定することも可能です。また、被害が予想される震度以上の地震が来たときだけ、アラーム音などで知らせてくれるアプリもあります。

関東の地震に備えて

地震

地震の備え

近年では地震が多くなっていますが、関東地震も予測されています。関東地震となると東京などの大都市での災害も予測されるため、それに備えて日頃から準備しておくことが重要です。関東地震は予測されているため、準備の一つとしてハザードマップを確認しておくことも重要なことの一つといえます。地震によって予測される災害としては、建物の倒壊や火災、地盤沈下と液状化、津波などが挙げられます。このような被害はできるだけ避けたいものですので、自分が住んでいる地域がどれほどの危険性があるのかを把握しておくことが大切です。ハザードマップで確認して、危険な地域に住んでいるのであれば引っ越しをしたり、住宅の耐震補強をするなどの対処を行えます。どちらも簡単にできないことですが、それ以外の地震対策は行うことができます。また、前もって知っておき対策することで、少ないけれど被害のリスクを減らすことにつながります。関東地震が起こると震源地によっては6〜7度の強い地震になってしまうことが考えられます。地域のハザードマップは様々なものがありますが、東京ですと東京都市整備局のものを見るのがオススメです。他にも、液状化マップや津波被害予想なども用意されています。これらのハザードマップなどを確認しながら、いざという時のため3日間分の水や食料、簡易トイレなどを用意することが大切です。また、犬や猫などのペットを飼っている場合には、ペットの地震への備えも必要となります。

災害

避難場所は事前確認が基本

地震の予想の精度は今後も進化をしていきますが、地震の予想だけでなく、事前にできることを把握しておく必要があります。もちろん地震の予想を確認してから落ち着いて行動をする必要がありますが、何よりも揃えておきたいものや避難場所やそこまでの経路などを含めて把握をしておくことが大切です。